霊視

幼い頃、不思議な体験をしてから 自分に霊視特別な能力が有る事に気付き出したのです。

それは幼い頃、夜寝ている時に急に目が覚め、仰向けで寝ている私は、自然と天井に有る豆電球に目をぼーっと眺めていました。

すると、1分もしない内に、豆電球の所から、豆電球と同じ色の観音様が降りてきて、同時に寝ていた敷布団いっぱいに大量の黒ヘビがうようよしていたのです。

でも何故かその時は、怖いと言う感じでは無く、心地良かったのは今でも覚えています。

 

その日を境に、自分にだけ見える物、自分にだけ感じる物、自分にだけ聞こえる物など、人と関わって行く中で気付く様になりました。

やがて、成人し人間関係にも恵まれ、霊視・透視の能力に優れている幸先生と出逢い、幸先生の教えの元、自分の能力を最大限に開花させる訓練をし、自分の能力を伸ばして来ました。

そして、知人や友人を見て感謝されたり、喜んでいる姿を見る事を繰り返して行く内に、いつしか自分の生き甲斐に変わって行きました。

 

今の私は、人のお役に立てる事がとても嬉しく、もっともっと、これからも人のお役に立てたらなと思い始めたのです。

 

タイトルとURLをコピーしました